フォークリフトのバッテリーに付着した青色や白い粉は? | 株式会社リフトニーズ|新車・中古フォークリフトのコストダウンならお任せください

フォークリフトのプロフェッショナル、リフトニーズから様々な情報を発信します。

リフトラボ OfficeNeeds Blog

フォークリフトのバッテリーに付着した青色や白い粉は?

 

バッテリー 腐食 サルフェーション

みなさんが使用されているフォークリフトを一度確認してみてください。バッテリー式フォークリフトのバッテリー端子付近やバッテリーの表面に青白い粉が付着していませんか?白い粉は毒性が高く無理に除去しようとして吸い込むと危険です。そして放置しておくと電源ケーブルの腐食が進み断線することがあります。

今回は、この青白い粉が付着する原因と対処方法についてご紹介します。

青白い粉の成分は?

バッテリー ケーブル 断線

青い粉 ⇒ 緑青(ろくしょう)でバッテリー端子に繋がっているケーブルの銅が酸化して発生する錆びです。ひどい場合は、腐食によってケーブルが断線しバッテリーがショートすることもあります。

白い粉 ⇒ サルフェーションでバッテリー液(希硫酸)が漏れ出して気化し、再結晶化した硫酸鉛です。

緑青やサルフェーションが発生する原因

◆接続端子が緩んでいる

 見た目しっかり取り付けてされていても、取付ナット等に緩みがある。

◆バッテリー液の入れすぎ

 フロートの白いラインを越えて補充してしまった。

◆過充電状態である

 何かしらの異常(機械的故障、バッテリーが古いetc.)で過充電状態となり高温になった。

◆バッテリーが寿命である

青白い粉を取り除く方法

① 中和剤を用意します。

② 中和剤を対象箇所に直接噴射します。

③ 5~10分ほどで希硫酸等があると化学反応によって色が変わります。

④ 布やウエスなどで拭き取りをして完了。

※バッテリー液は希硫酸です。防護用メガネ、手袋、マスク、エプロンなどを着用して安全に作業を行ってください。

※緑青そのものは取り除くことができますが、腐食によって損傷したケーブルや端子などは交換が必要となります。

 

フォークリフト用バッテリー(鉛蓄電池)の劣化は大きく分けると「科学的劣化」と「物理的劣化」の2種類あります。原因に合わせてバッテリー再生、物理的劣化部分の修理が可能です。フォークリフト用バッテリーでお困りのことがありましたら、(株)リフトニーズまでお気軽にお問い合わせください。

一覧に戻る