フォークリフトの種類 | 株式会社リフトニーズ|新車・中古フォークリフトのコストダウンならお任せください

フォークリフトのプロフェッショナル、リフトニーズから様々な情報を発信します。

リフトラボ OfficeNeeds Blog

フォークリフトの種類

フォークリフトとは?

物流・倉庫の現場や製造工場などでよく見かけるフォークリフトは、油圧を利用して昇降および傾斜が可能な荷役用のつめ(フォーク)を車体前面に備えた荷役自動車です。 重量物の運搬や人の手が届かない高所にまで商品を保管する際、フォークリフトを利用して商品の出し入れなどを行うことで作業効率化が図れます。

フォークリフトの種類

フォークリフトと言っても種類は様々あります。今回は、フォークリフトの種類を知っていただき荷物に対して適した車両が少しでも理解していただけるようご紹介します。

カウンターバランスタイプ

一番使用されているのが、カウンターバランスフォークリフトと呼ばれるフォークリフトです。 座って乗るタイプでタイヤの角度が70℃以上回る為、小回りが効きます。 車体後方に重り(カウンターウエイト)を設けることにより、運搬する荷物の荷重にも耐えられる作りになっています。

リーチタイプ

立って運転するフォークリフトになります。室内や通路が狭い環境で良く利用され、 タイヤが90℃以上回る事が出来て機動性がかなり高いです。 ただ不安定なので、スピードをだしたまま急旋回すると転倒の恐れがあります。 ペダルを放すことでブレーキが作動する(デッドマンブレーキ)のが特徴で車とは逆のペダル操作となります。 フォークを伸ばして荷物をとることからリーチ式と呼ばれています。

ウォーキータイプ

非乗車型の手動のフォークリフトで、運転者は歩いて操縦します。カウンターバランスフォークリフトなどが入れない狭い場所での荷物の移動に向いています。走行・荷役操作を電動で行います。 マストがついているため特定自主検査が必要な車両となります。

フォークリフトの動力は大きく分けて2つあります

ガソリンやディーゼル、LPGガス、天然ガスなどで動く内燃機関式のフォークリフトと、バッテリーで動く蓄電池式のフォークリフトがあります。内燃機関式のエンジン車は、排気ガスが出ることから主に屋外で使用され、バッテリー車は工場や倉庫など屋内での作業に向いています。

一覧に戻る