フォークリフト用タイヤの種類について | 株式会社リフトニーズ|フォークリフトのコストダウンならお任せください

フォークリフトのプロフェッショナル、リフトニーズから様々な情報を発信します。

リフトラボ OfficeNeeds Blog

フォークリフト用タイヤの種類について

カウンター式フォークリフト用タイヤ

フォークリフトタイヤの種類とは?

フォークリフトの車両タイプは、座って搭乗する「カウンター式」と立って搭乗する「リーチ式」に分けられます。タイプ別にタイヤ種類や特徴についてご説明します。

リーチ式フォークリフト用タイヤの種類

フォークリフト用リーチ式タイヤ

リーチ式フォークリフトは、3種類のタイヤから構成されています。

・ドライブタイヤ:後部の駆動輪。
・キャスタータイヤ:後部の駆動輪に対して補助的な役割。
・ロードタイヤ:前方の左右についているタイヤ。

 

【ウレタンタイヤ】

リーチ式フォークリフト用ウレタンタイヤ

・ゴムよりも長寿命
・路面にタイヤ跡が目立たない

 

【黒ゴムタイヤ】

リーチ式フォークリフト用黒ゴムタイヤ

・ウレタンよりも低コスト
・滑りにくく、グリップ力に優れている

 

タイヤの種類 前輪or後輪 特徴 ハブ ベアリング
ロードタイヤ 左右前輪 1.4t以上のフォークリフトはウレタンのみ 貸しハブ付で対応可能。 必要
ドライブタイヤ 大きい後輪 駆動輪と舵輪の機能を持つ 貸しハブ付で対応可能。 必要
キャスタータイヤ 補助輪の後輪 通常は2輪。まれに1輪タイプもあります。 ハブ部分はタイヤと一体式 必要

カウンター式フォークリフトのタイヤ種類

【ノーパンクタイヤ(ユニークタイヤ)】

フォークリフト用カウンター式ノーパンクタイヤ

 

メリット デメリット
・エアタイヤと比べて長持ちする
・「対摩耗」「衝撃吸収」「空転制御」の3層構造でパンクの恐れ
・カラータイヤ(白、緑)があり、床にタイヤ痕を残しにくい
タイプもある
・空気圧の調整等メンテナンスを特に必要としない
・エアー(ニューマチック)タイヤに比べ金額が高い
・タイヤの溝が減るとスリップしやすい
・クッション性が無いため、乗り心地が悪い
・路面からの抵抗が大きいため高速走行には向かない
・重量が重いため交換作業が大変

 

【エアタイヤ(ニューマチックタイヤ)】

フォークリフト用カウンター式エアタイヤ

 

メリット デメリット
・比較的、金額が安い
・フォークリフトの乗り心地が良
・タイヤ自体が軽いので交換する際は持ち上げるのが楽
・パンクの恐れがある
・空気圧の調整等メンテナンスが必要

 

カウンター式タイヤのサイズについて

フォークリフト用カウンター式タイヤのサイズ

フォークリフトのメーカーや型式、重量によって、様々なサイズがあります。 

タイヤのサイズは、タイヤの側面にすべて明記されています。

 

 

フォークリフト用のタイヤには様々な種類があり、どのタイヤを選べばいいかわからない等タイヤについてお困りであればリフトニーズへお気軽にご相談ください。

⇒ノーパンクタイヤ交換の詳細ページはこちら

⇒リーチ式タイヤ交換の詳細ページはこちら

一覧に戻る