フォークリフトバッテリーの搭載位置 | 株式会社リフトニーズ|新車・中古フォークリフトのコストダウンならお任せください

フォークリフトのプロフェッショナル、リフトニーズから様々な情報を発信します。

リフトラボ OfficeNeeds Blog

フォークリフトバッテリーの搭載位置

  • 車両 バッテリー
  • 2019.01.04

フォークリフトバッテリーの取り出し方

フォークリフトバッテリーは、鉛蓄電池がバッテリーケース(鉄箱)に組み付けされています。このバッテリーケースはウェイト(重り)として、フォークリフトが前方のツメに重たい荷物を乗せても前のめりになることなくバランスを取る役目も果しています。今回は、フォークリフトバッテリーの搭載位置や取り出し方(開け方)についてご紹介します。

カウンターバランスタイプ

フォークリフト バッテリー カウンター 搭載位置バッテリー カウンター式 7FB15

座って乗るタイプのカウンターバランスフォークリフトは、座席シートの下にバッテリーケースが搭載されています。ダンパー(座席シート部分)を跳ね上げてから補水作業やバッテリー交換を行います。

リーチタイプ(前出し)

バッテリー リーチ 搭載位置 7FBR15フォークリフトバッテリー リーチ 前出し

立って運転するリーチタイプのフォークリフトは、操作レバーやパネルの下に格納されています。

レバー操作でリーチアウト(ツメを前に出した状態)にするだけではバッテリーケースを取り出すことができません。取り出す際は、ブレーキペダルの上にあるバッテリーロック解除ペダルを最下部まで踏み込むことでロックが解除されます。バッテリーロック解除ペダルを踏み込みながらツメを前に出すとバッテリーケースが前方に出てきます。

※バッテリーを引き込む際は、作動油ホースを挟まないように注意してゆっくりと引き込んでください。

リーチタイプ(横出し)

バッテリー リーチ 横出しフォークリフト バッテリー レール スタンド

立って運転するリーチタイプのフォークリフトの中には横からバッテリーケースを取り出すタイプもあります。サイドカバーを開けてからバッテリースタンド(レール)をセットしたうえでバッテリーケースを引き出します。

※取り出す前は、必ず平坦な地面に車両を移動させてから取り出しを行ってください。バッテリーケースが非常に重いため、傾斜があると惰性によってレール上で動いたり、倒れる危険性があります。

 

一覧に戻る