リーチ式フォークリフト用タイヤの種類について | 株式会社リフトニーズ|フォークリフトのコストダウンならお任せください

フォークリフトのプロフェッショナル、リフトニーズから様々な情報を発信します。

リフトラボ OfficeNeeds Blog

リーチ式フォークリフト用タイヤの種類について

リーチ式フォークリフト用タイヤ

フォークリフトタイヤの種類とは?

フォークリフトは座って搭乗する「カウンター式」と立って搭乗する「リーチ式」に分けられます。今回は、リーチ式のタイヤ種類や特徴についてご説明します。

リーチ式フォークリフト用タイヤの種類

フォークリフト用リーチ式タイヤ

リーチ式フォークリフトは、3種類のタイヤから構成されています。

・ドライブタイヤ:後部の駆動輪。
・キャスタータイヤ:後部の駆動輪に対して補助的な役割。
・ロードタイヤ:前方の左右についているタイヤ。

 

【ウレタンタイヤ】

リーチ式フォークリフト用ウレタンタイヤ

・ゴムよりも長寿命
・路面にタイヤ跡が目立たない

 

【黒ゴムタイヤ】

リーチ式フォークリフト用黒ゴムタイヤ

・ウレタンよりも低コスト
・滑りにくく、グリップ力に優れている

 

タイヤの種類 前輪or後輪 特徴 ハブ ベアリング
ロードタイヤ 左右前輪 1.4t以上のフォークリフトはウレタンのみ 貸しハブ付で対応可能。 必要
ドライブタイヤ 大きい後輪 駆動輪と舵輪の機能を持つ 貸しハブ付で対応可能。 必要
キャスタータイヤ 補助輪の後輪 通常は2輪。まれに1輪タイプもあります。 ハブ部分はタイヤと一体式 必要

 

 

フォークリフト用のタイヤには様々な種類があり、どのタイヤを選べばいいかわからない等タイヤについてお困りであればリフトニーズへお気軽にご相談ください。

一覧に戻る